東灘区御影の歯科(歯医者)|橋本歯科

再生

橋本歯科

診察メニュー

齲蝕処置

齲蝕処置とは

 齲蝕措置とは虫歯の処置のことです。

 初めに虫歯の進行度合とその処置について見てみましょう。

C0:歯質表面に白濁がみられる初期段階

C0

 この場合は、予防処置を施して、経過を観察していきます。

C1:歯の表面であるエナメル質に限局した齲蝕

C1

 虫歯を完全に除去し、詰め物をします。多くの場合、レジンという歯の色に合わせたプラスチック素材が使われます。

C2:歯の内面にある象牙質に波及した齲蝕

C2

 歯の神経は象牙質の真ん中あたりまで進入していますので、この部位まで齲蝕が波及すると、冷たい水でしみたり、菌の発生する酸が刺激となって痛みが続くという症状が出てきます。
 治療はレジンを詰める場合の他、型を取って金属を作り、歯科用セメントでくっつける(インレー修復)などがあります。また、金属の代わりに歯の色をした材料が使われることもありますが、保険が効かない自費材料もあります。

(左)金属で修復した場合
(右)自費材料の場合

C3:歯の中心部分である歯髄に達した齲蝕

C3

 この段階になると、激痛を発現している事が多く、残念ながら歯髄を除去する抜髄という方法が採られ、除痛を図ります。
 神経を取った歯は、強度不足に陥っているため、最終的には何らかの冠を被せる必要が生じます。

C4:歯の見えている部分(歯冠)が崩壊し、根の部分だけが残った状態

C4

 ここまで放置すると、痛みを感じる神経も壊れているので、痛みは感じないか、周辺組織に炎症が波及して腫れ上がっているかですが、いずれにしても基本は抜歯です。

お知らせ 一覧へ

年末年始の休診日のお知らせ
11月 臨時休診のお知らせ
夏季休診のお知らせ
年末年始の休診日のお知らせ
夏季休診のお知らせ

診療メニュー 一覧へ

橋本歯科

TEL.078-856-8418

【初診受付時間】
 月、火、木、金、土曜日
 9:00~11:00、15:30~18:00
 日曜日…9:00~11:00
【休診日】 水曜日・祝日

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ