東灘区御影の歯科(歯医者)|橋本歯科

再生

橋本歯科

診察メニュー

歯周病処置

 歯周病は、30代後半の日本人では既に80%以上の人が罹患しているというデーターが存在し、最も罹患率の高い感染症と言えます。また、糖尿病との高い相関関係も明らかとなっていますし、動脈硬化の誘因にもなりうるため歯周病管理は高齢化社会にとって必須と考えられます。また、妊婦さんでも早産や低体重児出産のリスクが高まるとされています。歯周病の厄介な事は、「沈黙の病」で、病状が相当進行しないと自覚症状が出にくい事にあります。その進行過程をたどりますと、歯垢は間断なく産出され、それが堆積して歯石となり、その歯石も氷河のように成長し、やがて、歯周ポケット深くの歯槽骨を破壊して行く訳です。気付いた時には手遅れで、歯根は歯槽骨に全く植立しなくなっている事も稀ではありません。従って、若い頃からの年1~2回の定期健診、その度に歯石除去、刷掃指導などを受けて、歯周病予防に努める事が重要です。下図は左から順に正常な状態から歯肉炎、歯周病へと進展する様子を描いたものです。

では、処置の実際を見てみましょう。以下は保険診療に準じた内容です。

  1. 歯周組織検査:探針を歯肉溝から挿入して歯周ポケットの深さを測定、歯の動揺度を測定、必要に応じ、出血や排膿の有無、歯肉の発赤や腫脹の有無などを調べます。刷掃指導も行ないます。
  2. スケーリング:まずは目に見えている部分の歯石除去です。下顎、上顎、他の方法でもう一度という様に通常3回に分けて行ないます。一気にやると、傷ついた個所から感染し、歯肉が腫れるリスクが高まるからです。
  3. SRP:歯周組織検査を再び行ない、歯肉の下にめり込んだ歯石(縁下歯石)を除去します。必要に応じて局所麻酔も行ないます。これも数回に分けて丁寧に実施します。
  4. 歯周外科:歯周組織検査を行ない、SRPでも改善されない深いポケットに対し、歯肉切除を伴なう外科的処置を行ないます。
  5. 前記3.または4.によって安定期に入ったと判断されればメンテナンスに移行します。

お知らせ 一覧へ

年末年始の休診日のお知らせ
11月 臨時休診のお知らせ
夏季休診のお知らせ
年末年始の休診日のお知らせ
夏季休診のお知らせ

診療メニュー 一覧へ

橋本歯科

TEL.078-856-8418

【初診受付時間】
 月、火、木、金、土曜日
 9:00~11:00、15:30~18:00
 日曜日…9:00~11:00
【休診日】 水曜日・祝日

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ