東灘区御影の歯科(歯医者)|橋本歯科

再生

橋本歯科

診察メニュー

義歯(入れ歯)

部分義歯(部分入れ歯)

 欠損歯数が多くなってくると、使える支台歯が少なくなるため、ブリッジでは対応できなくなります。この場合には、まずは部分入れ歯の装着を考えます。
 義歯は取り外しを行なう事が前提ですので、これによる利点と欠点とが生じます。利点としては、外科的侵襲が少なく機能回復が見込める、何らかの不都合が起きた場合には一旦外しておける、などが挙げられます。一方、欠点としては、不安定になりやすい、審美性に劣る事がある、などがあります。 
 義歯は口を開いた程度では簡単には外れないが、外したい時には外せるという絶妙な力(維持力)の設定が必要ですが、これを簡単に実現しているのがクラスプ(鉤)という金属装置です。
 保険では、維持装置はクラスプ(鉤)のみが採用されています。

金属クラスプ

写真の銀色をした金属がクラスプ(鉤)

 特殊義歯も2例御紹介しておきます。1例目は、維持装置が磁石の義歯です。結果は良好ですが、自費扱いとなります。

特殊義歯例

 歯根が残っているため磁石に付く金属を装着(写真左)、義歯内面に磁石2個装着(写真中央)、吸着した義歯(写真右)

 特殊義歯2例目は、ノンクラスプ義歯です。審美性を高めた義歯ですが、歯周炎になりやすく、日頃の清掃が特に重要です。

ノンクラスプ義歯

手前の義歯はクラスプが無く審美的(弾性床が代用)

総義歯(総入れ歯)

 上下顎少なくとも一顎の歯が全て無くなると、総義歯となります。作製には外科処置を必要としませんので、高齢者や内科的疾患のある方でもある程度の機能回復が見込めます。しかし、咬み合わせの力は全て歯肉にかかるため、擦過傷が頻繁に起きやすく、また、支える歯が無いため不安定で脱落しやすい、さらには床が厚い場合には発音が不明確になるなど欠点も多いものです。
 なお、擦過傷の軽減を図るため、柔らかい材料を敷く(軟性裏装)という方法(保険も自費もあり)が存在しますし、床を薄くする場合は金属床(自費)にする場合もあります。

痛みを出にくくした義歯

内面を軟性材料にし、痛みを出にくくした義歯
本例は、壊れにくいように金属床を施し、さらに軟性裏装も行なった特殊な例。

お知らせ 一覧へ

夏季休診のお知らせ
年末年始の休診日のお知らせ
11月 臨時休診のお知らせ
夏季休診のお知らせ
年末年始の休診日のお知らせ

診療メニュー 一覧へ

橋本歯科

TEL.078-856-8418

【初診受付時間】
 月、火、木、金、土曜日
 9:00~11:00、15:30~18:00
 日曜日…9:00~11:00
【休診日】 水曜日・祝日

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ