東灘区御影の歯科(歯医者)|橋本歯科

再生

橋本歯科

診察メニュー

齲蝕処置

齲蝕処置とは

 齲蝕措置とは虫歯の処置のことです。

 初めに虫歯の進行度合とその処置について見てみましょう。

C0:歯質表面に白濁がみられる初期段階

C0

 この場合は、予防処置を施して、経過を観察していきます。

C1:歯の表面であるエナメル質に限局した齲蝕

C1

 虫歯を完全に除去し、詰め物をします。多くの場合、レジンという歯の色に合わせたプラスチック素材が使われます。

C2:歯の内面にある象牙質に波及した齲蝕

C2

 歯の神経は象牙質の真ん中あたりまで進入していますので、この部位まで齲蝕が波及すると、冷たい水でしみたり、菌の発生する酸が刺激となって痛みが続くという症状が出てきます。
 治療はレジンを詰める場合の他、型を取って金属を作り、歯科用セメントでくっつける(インレー修復)などがあります。また、金属の代わりに歯の色をした材料が使われることもありますが、保険が効かない自費材料もあります。

(左)金属で修復した場合
(右)自費材料の場合

C3:歯の中心部分である歯髄に達した齲蝕

C3

 この段階になると、激痛を発現している事が多く、残念ながら歯髄を除去する抜髄という方法が採られ、除痛を図ります。
 神経を取った歯は、強度不足に陥っているため、最終的には何らかの冠を被せる必要が生じます。

C4:歯の見えている部分(歯冠)が崩壊し、根の部分だけが残った状態

C4

 ここまで放置すると、痛みを感じる神経も壊れているので、痛みは感じないか、周辺組織に炎症が波及して腫れ上がっているかですが、いずれにしても基本は抜歯です。

外科処置

 歯科における外科は口腔外科(こうくうげか)と呼ばれ、処置内容は多岐にわたります。

 ここでは、代表的なものにとどめます。

硬組織の外科

 最も頻度が高いのは抜歯です。虫歯が相当進行してしまったもの(C4)、歯周病で回復の見込みが無いもの、親知らずや位置異常の歯、矯正治療をするにあたっての便宜抜歯などがあります。親知らずで、磨きにくく、虫歯となった例(下左図)、萌出に伴なって前方の歯群を押してしまう例(下右図)も抜歯となる事があります。

口腔外科イラスト

親知らず周辺の虫歯(左図)、萌出に伴なって前方に押す場合(右図)

 その他として、根分岐部病変のために歯を分割するのも外科の範疇でもあります。左下の石膏模型写真は実際の例で、分割後に数週間かけて歯間を拡げたところです。この例では、分割した大臼歯の2根に対して各々金属冠を入れて再び噛めるようにしています(右図)。

口腔外科画像

軟組織の外科

歯イラスト

 いわゆる歯肉や舌、頬粘膜病変に対する外科処置です。
 代表的なものは、歯牙萌出直前に、その上を覆っている歯肉を除去し(開窓)萌出を促す処置です。

 丸印の歯肉を麻酔下で切除し、萌出を促します。

クラウン・ブリッジ

クラウン

 虫歯の部分が歯面の複数に及んだり、神経を取った場合などでは、作製した冠状の修復物をセメント合着し、機能回復を図ります。形は単純ですが、適用個所、どんな材料を使用するか、保険か自費かなど、選択にあたっては良く御相談ください。自費材料は豊富に存在し、値段も幅があります。

歯科イラスト

大きな虫歯(左図)、神経を取ってある歯(右図)などが適応症

歯科イラスト

保険なら銀冠(左図)、自費なら審美性の高い冠(右図)も可能です

ブリッジ

 ブリッジはその名の通り、橋渡しの方法です。工学の橋脚理論を参考に、抜去された部分を機能回復させる補綴法のひとつです。
 歯根は歯槽骨に植立していますが、この歯根面積を解析して、強度的に耐えうる設計が示されています。橋脚に相当する支えとなる歯を支台歯と呼んでいますが、出来たブリッジを支台歯にセメント合着します。従って、ブリッジは基本的には取り外ししないタイプの補綴装置と言えます。

歯科イラスト

歯が無い所(左図)にブリッジを装着(右図)し、機能改善を図ります

義歯(入れ歯)

部分義歯(部分入れ歯)

 欠損歯数が多くなってくると、使える支台歯が少なくなるため、ブリッジでは対応できなくなります。この場合には、まずは部分入れ歯の装着を考えます。
 義歯は取り外しを行なう事が前提ですので、これによる利点と欠点とが生じます。利点としては、外科的侵襲が少なく機能回復が見込める、何らかの不都合が起きた場合には一旦外しておける、などが挙げられます。一方、欠点としては、不安定になりやすい、審美性に劣る事がある、などがあります。 
 義歯は口を開いた程度では簡単には外れないが、外したい時には外せるという絶妙な力(維持力)の設定が必要ですが、これを簡単に実現しているのがクラスプ(鉤)という金属装置です。
 保険では、維持装置はクラスプ(鉤)のみが採用されています。

金属クラスプ

写真の銀色をした金属がクラスプ(鉤)

 特殊義歯も2例御紹介しておきます。1例目は、維持装置が磁石の義歯です。結果は良好ですが、自費扱いとなります。

特殊義歯例

 歯根が残っているため磁石に付く金属を装着(写真左)、義歯内面に磁石2個装着(写真中央)、吸着した義歯(写真右)

 特殊義歯2例目は、ノンクラスプ義歯です。審美性を高めた義歯ですが、歯周炎になりやすく、日頃の清掃が特に重要です。

ノンクラスプ義歯

手前の義歯はクラスプが無く審美的(弾性床が代用)

総義歯(総入れ歯)

 上下顎少なくとも一顎の歯が全て無くなると、総義歯となります。作製には外科処置を必要としませんので、高齢者や内科的疾患のある方でもある程度の機能回復が見込めます。しかし、咬み合わせの力は全て歯肉にかかるため、擦過傷が頻繁に起きやすく、また、支える歯が無いため不安定で脱落しやすい、さらには床が厚い場合には発音が不明確になるなど欠点も多いものです。
 なお、擦過傷の軽減を図るため、柔らかい材料を敷く(軟性裏装)という方法(保険も自費もあり)が存在しますし、床を薄くする場合は金属床(自費)にする場合もあります。

痛みを出にくくした義歯

内面を軟性材料にし、痛みを出にくくした義歯
本例は、壊れにくいように金属床を施し、さらに軟性裏装も行なった特殊な例。

歯周病処置

 歯周病は、30代後半の日本人では既に80%以上の人が罹患しているというデーターが存在し、最も罹患率の高い感染症と言えます。また、糖尿病との高い相関関係も明らかとなっていますし、動脈硬化の誘因にもなりうるため歯周病管理は高齢化社会にとって必須と考えられます。また、妊婦さんでも早産や低体重児出産のリスクが高まるとされています。歯周病の厄介な事は、「沈黙の病」で、病状が相当進行しないと自覚症状が出にくい事にあります。その進行過程をたどりますと、歯垢は間断なく産出され、それが堆積して歯石となり、その歯石も氷河のように成長し、やがて、歯周ポケット深くの歯槽骨を破壊して行く訳です。気付いた時には手遅れで、歯根は歯槽骨に全く植立しなくなっている事も稀ではありません。従って、若い頃からの年1~2回の定期健診、その度に歯石除去、刷掃指導などを受けて、歯周病予防に努める事が重要です。下図は左から順に正常な状態から歯肉炎、歯周病へと進展する様子を描いたものです。

では、処置の実際を見てみましょう。以下は保険診療に準じた内容です。

  1. 歯周組織検査:探針を歯肉溝から挿入して歯周ポケットの深さを測定、歯の動揺度を測定、必要に応じ、出血や排膿の有無、歯肉の発赤や腫脹の有無などを調べます。刷掃指導も行ないます。
  2. スケーリング:まずは目に見えている部分の歯石除去です。下顎、上顎、他の方法でもう一度という様に通常3回に分けて行ないます。一気にやると、傷ついた個所から感染し、歯肉が腫れるリスクが高まるからです。
  3. SRP:歯周組織検査を再び行ない、歯肉の下にめり込んだ歯石(縁下歯石)を除去します。必要に応じて局所麻酔も行ないます。これも数回に分けて丁寧に実施します。
  4. 歯周外科:歯周組織検査を行ない、SRPでも改善されない深いポケットに対し、歯肉切除を伴なう外科的処置を行ないます。
  5. 前記3.または4.によって安定期に入ったと判断されればメンテナンスに移行します。

ホワイトニング

クリーニングとブリーチング

歯の表面に外から色素が付着して変色しているものを外来性色素沈着と呼び、これを除去する事をクリーニングと言います。一方、歯質そのものが着色している場合を内因性色素沈着と呼び、これを漂白する事をブリーチングと言います。また、現在の歯の色より白くする事を包括してホワイトニングとも呼び、後述のラミネートべニア法もホワイトニングの一種に加わります。

クリーニングについて(主に保険)

多くの方は過去に処置をお受けになっているかと思います。手用スケーラーなどで丁寧にこそぎ落とす方法、低速エンジンで小さな箒を回転させて歯面をこする方法、重曹の粉を水と圧搾空気とで歯面に吹き付ける方法などがあり、これらによって外来性の色素を除去します。

ブリーチングについて(自費)

過酸化水素、過酸化尿素などを含有したジェルを利用して歯質内の色素を漂白脱色させる手法です。大きく分けて診療室内で行なうオフィスブリーチングとマウスピースを作成して家庭で行なってもらうホームブリーチングとがあります。当院では効果が高く値段も安いホームブリーチングのみを採用しております。期間は基本的に2週間で、薬剤と上下マウスピース作成のすべてを含めて費用は4万円(税込)です。

ラミネートべニア法(自費)

唇(頬)側の歯面を一層削り、その部分に作製したセラミックを合着する方法です。確かに短期間にきれいにはなりますが、健全歯質を削る事に抵抗はありませんか?

顎関節症

 顎関節症は虫歯、歯周病と並んで歯科の3大疾患の1つです。報告されてから半世紀が経過していますが、いまだ原因論、治療法も充分には確立していない難しい疾患です。一方で、患者数は日本だけでも少なくとも500万人はいるとも言われ、対策は急務です。ここでは一般論、治療法を少しだけ解説します。

 顎関節症は、古典的には「顎関節痛、顎関節雑音、顎運動異常を3主徴とする非炎症性の症候群」と言われていて、現在でも非炎症性はともかくも、3主徴の1つでも発生していれば顎関節症候群として取り扱っています。

診断

1.顎関節痛

 痛みを発症し始めて歯科医院を訪れる人が多いようです。開口時に痛む場合、咬合時に痛む場合、両者とも、左右いずれか、両者か、などを調べます。

2.顎関節雑音

 「クリッ」とか「プチッ」とかと表現される音ですが、開口時にのみ可聴されるのか、開口時にも閉口時にも可聴されるのかで病態の進行度合いが違っているという見解もあります。

3.顎運動異常

 上顎前歯が下顎前歯に被さった形で噛み合わさっているのが正常ですが、この被さり方が浅いと下顎は左右、時には前方でさえ異常な位置まで可動してしまいます。また、既に痛みを伴う場合は、その位置を避けようとして顎の運動経路も迂回するようになり、これが習慣づいてしまっている事もあります。最大開口量(大きく開きすぎるのも問題です)も調べます。

4.経過の把握

 顎関節症は発症の時期、上記症状の発症順序、これまでの治療内容と結果、X線画像やMRIによる形態異常の有無なども重要な資料となります。

治療法

1.痛みが強く、除痛を早く行いたい時は、鎮痛剤や筋弛緩剤などを投与します。

2.最も多用されるのが、全歯列型バイトブレーン(マウスピースの一種)で、通常は就寝時だけの装着です。

3.必要に応じ、電気刺激による理学療法も併用する事があります。

4.専門的施設では、顎関節腔内洗浄で、発痛物質を還流除去する事もあります。

5.通常は上記1~3までの保存的療法を粘り強く行なう事で徐々に改善しますが、数年の期間を要する事もあります。とにかく、日常生活習慣の中で、顎関節に負担となるような行為をできるだけ避け、個性正常咬合(各個人に合った咬み合わせ)を確立して自然治癒をじっくりと待つ事も大事な対処法です。

お知らせ 一覧へ

年末年始の休診日のお知らせ
11月 臨時休診のお知らせ
夏季休診のお知らせ
年末年始の休診日のお知らせ
夏季休診のお知らせ

診療メニュー 一覧へ

橋本歯科

TEL.078-856-8418

【初診受付時間】
 月、火、木、金、土曜日
 9:00~11:00、15:30~18:00
 日曜日…9:00~11:00
【休診日】 水曜日・祝日

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ